スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

白い・・・いや心の恋人、「徹子の部屋」に出る!!!

2008.09.06(01:47)

 今日、ちょっとわたしは心が落ち着きませんでした。。。理由はいくつかあるのですが、そのひとつは、白い・・・いや心の恋人のひとりが、あの、あの長寿番組、「徹子の部屋」に出演するためでしたっ!



 この番組に出演するなんて、そーれはもう名誉なこと極まりないのですが、ホストと気が合わないとなると・・・すべりっぱなしというか、かみあわなさっぱなしで番組としてどうよ?ってなこともあるので。。 いやもう気にかかって。。もちろん予約録画していたのですが、昼休み、どれだけワンセグチャンネルを合わせたいと思ったことか。。。





 *うちの職場は、12:30~13:30が昼休み。徹子の部屋は13:20からなので、どっちにしても、全部は観られませんが^^;;





 その心の恋人とは・・・大泉洋さん。。





 ちょっと今日はいろいろとあって、テンション低めで帰宅し、ビデオを観たのですが・・・



 いやもうサイコーでした! さすが洋さんっ!! ありがとうっ。 わたし、あなたについていく~~!!!(←言いすぎ)





 うちは、めっちゃアナログなので、キャプったりはできません。。 とりあえず、ひとことひとこと拾っていきましたが、完全ではありません。あと、主観もめっちゃ入っていますこと・・・ご了承くださいませ。





♪ルールル、ルルル、ルールル、ルルル・・・  (←吾郎さんじゃないよ!)



黒柳徹子(以下:徹子):今日のお客様は、もともとは俳優さんでいらっしゃるんですけど、すごくお笑いのほうでもご活躍です北海道のスターです。大泉洋さんです、どうぞ、こちらに^^





 大泉洋(以下:洋)が、白いドアを開けて登場。 グレーベースで、葉っぱがつらなっているような、ちょっと格子柄っぽくみえるニットと黒いパンツ姿で、わざとらしく?さわやか~にふるまいながら歩いてきます。前で手を組み、足は70度くらいにひらいた感じで、姿勢がいいです~。ちょっとあやしいけど。





徹子:どうも、よくいらしてくださいました。



洋:あ、よろしくどうぞ。



徹子:ほんとに。なんかスラッとしていらして。ほんとに、北海道の星と言われて。北海道から通っていらっしゃってるんですってね~。



洋:今日も北海道からやって参りましたっ。



徹子:あ、そうだそうで。ご両親といっしょにお住まいだとうかがって。



洋:実家住まいでございます。



徹子:ああ、そうですか。よろしくお願いしまーす。大泉洋さんです!! 





(拍手。 洋さんは、わざとらしく?手を振っている。わざと表情こわばらせてる感じにも見え?・・・CMへ)



(CMあけ)




徹子:俳優さんでいらっしゃるんですけども、私は、あの、ご一緒になるたんびに、お笑いの方かなと思って・・・。そのくらいご活躍なんですね。大泉洋さん、よくいらしてくださいました。



洋:どうもこんにちは。



徹子:北海道の星といわれて。はい、大スター。



洋:いやもう・・・とんでもございません。ほんとにもう・・・まさにわたくしがひとりで言っているだけで、北海道の人は、誰もそんなこと思っちゃおりませんから。



徹子:アハハ・・・そうですか。あら、あなた口も達者ね。



洋:そうですね、ホントに子どものころからもう口が達者で。考えてないですね、ホントに。口がしゃべっているだけ・・・で。アハハハ~。



(会場笑い)



徹子:それであのー、何でもお飲み物はお好きなものを、と申し上げて、ゲストのご要望に答えているんですけど、何がよろしいですかってきいたら、あなたポタージュとおっしゃって。



洋:アハハハハ~。 (と笑いながら、グラスにはいったポタージュに手をのばす。グラスに入っていたので冷製スープでしょうか??)



徹子:ポタージュは、今までお出ししたことがないと思うんですね、あのー飲み物なんで、日本茶、ポタージュは・・・。ま、でもやっぱり‘飲む’っておっしゃるんですかね、でも英語では食べるっていうみたいですけど・・・。



洋:あっ、おいしい!



徹子:おいしい?



洋:おいしいですね。いや、ぼく、あの、お飲み物は何がよろしいですか、と聞かれたんですよ。ですから、「徹子の部屋」っていうのは・・やっぱりこのやっぱり何ていうんでしょ、このタレントになった以上、やっぱりこの死ぬまでに一度は出たい、やっぱり番組といいましょうか、



徹子:恐れ入ります、はい。



洋:その「徹子の部屋」で用意してくれる飲み物・・・。どんなものだろう?とワタクシ思いまして、はっと思ったのは、やっぱりこの・・・高いものを飲みたい・・・と思ったんですね、



徹子:あ、これ高いもの・・。



洋:ですからこのー何ていうんでしょうか。何でしょう、この、何でしょう、この・・・ぼくのこの庶民的な、高いものがポタージュっていう、この・・・



徹子:あ、でもこれおいしいですね。



洋:おいしいですね。それでまた、まさかこの、ぼくと同じものを黒柳さんもお飲みになるっていうの知らなかったものですから。



徹子:そりゃあもうね、このごろ大変ですよ、みなさん。健康ドリンクとか飲んでいらっしゃってる・・・っていうかいろんなもの。 いやものすごい・・・あら、ちょっと・・・いまパンが入っちゃって。口の中に。



(洋さん、大ウケ。。)



徹子:こんなところ(ポタージュ)に、本式にそんなトーストのようなカリカリ(パン)が入っているって思いませんでしたんで・・・



洋:そうですよね。いや、わたしも「徹子の部屋」に出てポタージュを頼んだばっかりに、ポタージュの話でずいぶん時間を割いてしまってもったいない。。。



徹子:(笑)そうですね。ホントに北海道から・・・。で、今日あなたをお迎えするのに・・・なんかあなたのイメージなんでしょうけどこれは・・・



(といって、スタジオのお花のアレンジが映し出される)



徹子:このね、青いバラっていうものは、ほんっとにすごいんですよ。これホンモノですからね!



(洋さん、花に顔を近づけ、香りを・・・)



洋:あ、ホンモノだ!ええ、匂ってますね~。



徹子:他のものも何かあのパイナップルみたいな何かかわいいのとか、いっぱいあって・・・。何かあなたのイメージと、ま北海道のイメージもあるんでしょうかね。



洋:今のところ、ポタージュとバラの話になってしまって・・・。どんどん、わたしの話を、どんどん聞いていただいて・・・。



徹子:ああそうですね。



洋:そうですね、どうぞよろしく、大泉洋でございます。



徹子:そう、あの、いつかチンパンジーがでたニュースの番組でご一緒になってね。



洋:ああ、他局でご一緒させていただきまして・・・(頭をさげる)



徹子:あのときあなた象の鼻に乗ったりなんか・・いろいろ、あ、だからわたしあのとき俳優さんというよりお笑いの方かなーと思って。



洋:いやーあのね、ですから、ぼくも、そのじゃ自分の肩書きをよく聞かれて、そのー俳優さんなんですか?そのお笑いの方なんですか?といろいろ言われると困ってしまって。じゃそのお芝居しかしないのを俳優というのであれば、ぼくはまあ、俳優ではないんですよね。北海道では、バラエティ番組しかやってないくらい・・



徹子:そうなんですってね。



洋:いまでもバラエティ番組、稼動しているのが、北海道で3つございまして・・・。



徹子:あ、そんなにたくさん。だから北海道から通っていらしてるんですか。



洋:そうですね、ま、それこそぼくがその世に出たきっかけになったのが「水曜どうでしょう」という番組でしたけども、それはもう完璧なバラエティ番組で。



徹子:「水曜どうでしょう」?



洋:「水曜どうでしょう」という各地わたしが旅をする・・・という番組で。



徹子:北海道で。



洋:ええ。それがとにかく人気がでまして、わたくしこういうように出させて・・・もらうようになったんです。



徹子:あ、北海道が本当にあなたのふるさとであると同時に、北海道があなたを生んでくれた、っていう。ある意味放送もですね。



洋:そうです、そうです。ですから、そう考えると、肩書きは何かなと言われたら、だいたいぼくはローカルタレントですとお伝えしているんですよね。北海道で活躍しているタレントだということであれば・・・。



徹子:じゃ、北海道の星というのは間違いではなかったわけですね。



洋:ええ・・・まあ・・・そうですね。



徹子:でもその、ご両親と一緒に暮らして・・・ご両親のことは何て呼んでらっしゃってるの?



洋:これまた確信にせまる質問・・・。どきっとしましたよ、いま。なぜそれを突然聞かれたんですか!



徹子:いやあ、だって普通さ、お父さんとかお母さんとか、言ったりするじゃないですか。



洋:パパ、ママって言ってますけど。・・・いや、まさかそっから入るとは思わなかったな。よくご存知で。。



徹子:「パパ」「ママ」で、パパ、ママと一緒に暮らしている。



洋:(苦笑)・・・ええそうですね、はい、パパ、ママ・・・。



洋:ぼくはね、パパ、ママと呼んでいるから、よくね、ぼくはマザコンだとかって言われるんですけど、けしてそうは思わないんですよ。黒柳さん、どう思われます?



徹子:いや、パパ、ママって呼んでいる人っていっぱいいるでしょ。



洋:そうですよね?



徹子:だってスナックのママのことだってママって。むかしは(私は、の間違いかも?)お母さまって呼んでましたけど。





・・・・・・まだまだ続く。



 これ、おそろしいことに、はじまってたった5分程度なんです!! 全部を書き上げることは到底無理!!なのが残念なのですが・・・。



 このあと、パパ、ママ(笑)が学校の先生をなさっていたこと、7歳上のお兄さまは公務員であること、洋さんも教員免許を取得していることにつづき。。。

 教育実習の爆笑話(高校の地理・歴史なんてわからないのに教えなきゃいけなかった・・・という話)、子どものころからトーク好きだったこと、TEAM NACSの話へうつり・・・。





 若干おとなしめ?というか礼儀をわきまえていたような感じでしたが、いつもの話っぷり&ツッコミも保ちつつ、番宣もきちんとすませ、終了でした。。



 7日(日)14:00~15:25から放送のドラマ「歓喜の歌」。このドラマ演出は、あの水曜どうでしょうの藤村ディレクター。そうそう、藤村さんは、来月は、コフェスタ2008の「劇的3時間SHOW」にも出られますし。。藤村さん以外では、佐藤可士和さんとか、リリーフランキーとかすっごいメンバーのイベントなんですが、先着順受付・・・すっごい勢いで締め切られてました、残念。藤村Dすごい!!行きたいな~。



 7日は、超新星くんのイベントに行くので、この「歓喜の歌」も「篤姫」も録画です。。。忘れないようにしなきゃ!!



 



コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/157-d4046b91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。