FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やっぱり・・・だなぁ。 映画『誰も守ってくれない』

2009.01.29(00:45)

 最近は、sgやら☆やら・・・韓国音楽の内容が多いですが、実は私は映画鑑賞が趣味・・・だったと思います(もはや自信ナシ)。



 昨年は、sgはもちろん、超新星までもが脳内に参入してきて、頭の中が何だか慌しく、映画鑑賞に関してはかなーり不完全燃焼でした。



 おそるおそる映画レポを振り返ってみると11件。実は1件レポしそびれている作品があるので(『ハッピーフライト』です。おもしろくなかったのではなく、ネタが溜まりまくっていたためにレポできてないだけです^^; 田辺誠一って3の線もできるのねー)、最低限の映画鑑賞年間目標=12本は何とか達成していることが判明しました、ほっ。。。



 2009年、最初に観た作品は『誰も守ってくれない』。 『ハッピーフライト』を観に行ったときに公開予定作品のチラシを見つけ、これは見逃したくないな、と思ったのでした。





 この作品は、犯罪加害者家族の保護について扱ったもので、加害者の妹役は志田未来ちゃん、彼女を保護する刑事役に佐藤浩市さん。そして脚本・監督が、「踊る大捜査線」シリーズの脚本を書いた君塚良一さん。「踊る・・・」のときに取材をした内容が元になったそうです。


 ~~ あらすじ ~~

 小学生姉妹殺害事件の容疑者は、父・母・妹と暮らす18歳の少年。東豊島署暴力班係の刑事、勝浦(佐藤浩市)と三島(松田龍平)は、容疑者の妹:沙織(志田未来)の保護をすることになった。勝浦は、以前、容疑者を逮捕できず、幼い子どもが事件に巻き込まれてしまったことで心に傷を抱え、家族とも別居中。精神科医(木村佳乃)のカウンセリングを受けている。彼には、沙織と同い年の娘がいた。

 少年が逮捕された直後、警察の指導により(?)父・母は離婚、そして再び結婚し母の籍に入った(→容疑者の少年以外の家族は、母親の旧姓になる)。家族は呆然としたまま淡々とすすめられていく作業・・・。そして、事情聴取、捜査のため、残された家族は分かれて警察の指示に従うことに。

 沙織を守るために、勝浦は自分の家、主治医宅などへ身を隠すが、マスコミはどこまでも追ってくる。さらには、出世をねらう上司(佐野史朗)からは、沙織から事件時の兄の様子を聞きだすように言われ・・・。

 東京を離れようと決めた勝浦は、伊豆にある馴染みのペンションに沙織を連れていった。ここは、本来なら翌日、妻・娘と訪れるはずだったペンションで、3年前勝浦が捜査していた事件で、子どもの命を奪われた本庄夫妻(柳葉敏郎、石田ゆり子)が経営しているペンションであった。

 皮肉にも、被害者家族のところへ、(別の事件ではあるが)加害者の家族を連れて行くことに・・・。勝浦は、すがる思いでここに来た、と本庄に告げる。

 ペンションで静かに過ごせるかに思えたが、実は伊豆へ向かっている途中、マスコミでは警察が沙織を保護していることが報道され、さらにネット上では容疑者、家族の名前、保護している勝浦の住所などの情報が流出・・・。もはや、マスコミだけでなく一般人までもが沙織と松浦を追い詰めていく状況に。やがてペンションの周りには、沙織たちの写真を撮ろうとする人が集まり始め・・・勝浦と沙織の逃避行は果たして? そして、沙織と家族、勝浦と家族の関係はどうなるのか???

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 観に行ったのは公開2日目=日曜日で、劇場はかなり混み合っていました。 全国ロードショー作品ですし、モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を獲得していたという情報もありましたが、まあでもどちらかといえば地味?な作品と捉えていたので、混雑していたのはうれしい驚きでした。

 ただ、これには、前日、土曜日(=公開日)、21時からこの映画の4ヶ月前を描いたドラマ「誰も守れない」が放送されていたのも関係していたかもしれません。アナザーストーリーっていうんですか? スピンオフではないですよね・・・。

 あのお、最近、多くないですかーーー? こういう感じでドラマも観させて映画館にも行かせる手法。私のような、できればちょっとマニアックに観たいけど面倒くさがりというわがままなタイプは、あっちもこっちも観なきゃいけないし、でもってある程度細かいニュアンスも覚えてないといけないし、正直迷惑なんですけどぉ・・・。

 
 あ!でも、この映画は良かったですよ! ドラマは見ていなくても、まーったく問題ないです^^ テーマである加害者家族の保護については・・・難しい、私には本当に難しいとしかいえないです・・・。 ただ、ここでは沙織(←加害者の家族)と、被害者家族がともに描かれていたことが印象的でした。

 あとは、ストーリーも、役者さんも、みんなすごいんですよねー。やっぱり、未来ちゃんは上手だなあ・・・とか。やっぱり、君塚さんのストーリーって深いなあ、勝浦と三島のセリフも思わずニタっとしちゃうなあ・・・とか。やっぱりあのカースタントは野呂さんだったのね・・・とか。テーマソングを歌うリベラもやっぱりステキだなあ・・・とか。 「やっぱり・・・だなあ」と感じたことが多かった作品でした。 (撮影は、『踊る・・・』とか『交渉人真下正義』の方でしたね)


 個人的にいちばん印象に残ったのは松田龍平くん! やっぱり彼はちがいますねー。THE俳優という感じですかね(ああ、語彙が貧困だわ・・・)。
 ドラマや映画を観ていて ’役柄’にトキめくのことはしょっちゅうありますが、登場人物のキャラクターとしてではなく、俳優として期待が高まりました。次はどんな作品に出演するんだろう?どんな姿を見せてくれるんだろう?・・・と。久々に現れた期待の若手俳優さんです。もっともっと彼の作品を観たい!と思いましたっ。



 *これまでは、弟の翔太くんびいきでした。もっとうまくなってね^^かっこよくなってね^^という応援する気持ちだったのですが、実は「篤姫」でちょっと期待がはずれてしまったのですねー。まあ、あれは堺さんが良過ぎたから仕方ないかなあ。。。



 昨年は、sgのコンサート・イベント参加最優先で過ごしていました。ドンハの脱退に動揺し、会える機会があるなら絶対逃したくない!という思い、またソクンを迎えてからは、新しいsgを応援したい!という思いが走っていて、その気持ちに素直に従って、結果すごくしあわせな毎日でした。。。
 まあ、でも、年間16公演+イベント4回は、ちょっとやり過ぎたかな・・・という気持ちもあります。何だかふわふわしてたし~。 sgのことは、もちろんこれからも応援するんですが(今月末のイベントも行きますよ^^)、今年は本を読んだり、映画を観たり、一般的な見識も忘れないようにしようというのが目標です。。。

 でも、年明けから、服まで準備してユナク&ソンモなり切り写真なんか撮ってたら(大汗)。。。今年もやっぱり・・・無理かなあってとこかもしれませんね。


 明日、いや今日から鹿児島に行ってまいります。。。 篤姫と尚五郎さんがみた桜島を見たいのですが、どうやら天気は悪いらしく・・・。
コメント
pul-changさん

ご無沙汰しています☆

なんだかものすごく忙しい毎日を送っております。

今日は久しぶりにのんびりしています!

「誰も守ってくれない」レポ!感謝です♪

なぜにコメントを書こうと思ったのか・・・それはpul-changが、カースタントの野呂さんまで知っているという事実に驚愕したのです

野呂さんは日本一のカースタントドライバーです!それは、押しも押されぬ事実ですが、有名なんですねー

今度、野呂さんにお目にかかることがあったら、pul-changのお話をしようと思います!

私は、今週土曜日からベルリン&ローマへ行ってきます

帰ってきたら、ご連絡いたします☆

おひな祭りしましょう

お元気で
【2009/02/01 19:15】 | kame #79D/WHSg | [edit]
♪kameさま♪

お久しぶりです^^ 相変わらず、お忙しそうで・・・。



kameさん、佐藤浩市さんとはご縁ありますものね。

「陽気なギャング・・・」の佐藤浩市さん、大好きです!!

(だから、「ジャンゴ」とか「マジックアワー」はそれほど意外性がなかったんです、実は)



そして、野呂さんの一文に目をとめていただいて、ありがとうございます!!

ハイ!最初のカーアクションをみて、あれ?これはもしや?と思って、クレジットをしっかりチェックしたのでした。

野呂さんは、「交渉人真下正義」では寺島進さんの部下?いうか、となりで運転してしっかりスクリーンに出ていらっしゃったのです。それからとっても有名な方だって知りました。。

寺島さんのスピンオフのときは、車を降りて警視庁(に見立て)階段前でもちょっと出ていらっしゃって。

「踊る・・・」のネットワーク捜査員の多くは、野呂さんをご存知かと思います!(わたしは捜査員ではないですが)

わ!野呂さんにお話してくださるのですか!うれしいです。どきどき^^



で、ベルリン&ローマって。もしや、あの撮影ですか??

気をつけていってらっしゃいませ。。おひな祭り、楽しみです!
【2009/02/01 19:32】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/185-efd7d19d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。