FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

正真正銘の「オッパ」・・・The シン スンフン SHOW~Acoustique~

2009.05.10(22:47)

 日本人は別として、最近コンサートにでかける韓国の歌手たちは、まあだいたいピカピカの年下くんたちでした。 韓国では、女の子が親しい年上の男性のことを「オッパ」と呼ぶのは有名な話ですが、どうやら、「オッパ」という響きには、ある種麻薬のようなものが存在しているらしく(笑)、年下の女の子に「オッパ」といわれると、何でもしてあげたくなっちゃう・・・そんな気持ちになるようです・・・(少し違いますが、私のことを「オンニ」と呼ぶ韓国チング、それはもうかわいらしくて仕方がありませんから、わからないでもありません・・・)。しかし、これまで舞台で見たのは年下くんたちばかり・・・。ジーミソ突入してたのだって、VOSリーダーとキム ジョングクくらいでしょうか・・・。

 なので、コンサートに出かけたときに、舞台に向かって「オッパー!」と叫んでいる子たちをすごくうらやましく思ったものでした。。。





 韓国語教室が同じで、一緒に韓国旅行したり、そのうちsgをはじめ、FTTS、チョ ソンモのコンサートにも一緒にでかけているチングが声をかけてくれ、5月7日、NHKホールで開かれたシン スンフンコンサートに行ってきました。





 このコンサート直前、実は超新星のサイン会が青山の某スタジオで行われていました。。いやもうピカピカの6人。お気に入りのソンモくんはご機嫌だったし(韓国語で話しかけると「ハイ」と答えてくれたわ)、グァンスくんには思わず日本語で話しかけたところ、顔を上げてはにかんだあの美しいお顔が目に焼きついた状態でしたが・・・。



 コンサート会場のNHKホール、集まっているお客さまの品のよいこと。。。今回のツアーは、大阪、名古屋、埼玉で公演をし、この東京がラスト。きっとGWを利用して地方に行かれた熱心な方もいらっしゃったと思いますが、落ち着いた熱さ、という感じでしょうか。。


 今回の席は1階○列目(ひと桁です)、ステージ下手?(舞台に向かって左側、sgでいうとヨンジュン側)、壁から片手で数えられるところでした。ステージ両端にはスピーカーが積まれて、ストリングスの方たちは見えませんし、ステージ奥に設置されたスクリーンも半分以上見えません。。。


 ただ、シン スンフンがステージに登場したときのオーラ!! それほど背が高くない彼ですが、舞台上のオーラがバシバシ来ました。。。 ここでもうスピーカーのうるさい音とか、舞台の一部が見えないこととか、もうすっ飛んでしまいました。


 実は、シン スンフンの曲は、「I belive」「クチュロ オレットンアン」の2曲しか知らないわたし・・・。コンサート始まってまもなく、明るい曲調にアレンジされた「I belive」が演奏されてしまい(このアレンジされたのがめっちゃよかったです^^ 会場も大盛り上がりでした)、うわ、このあとどうしよう・・・とか思ったのですが。。。
 その直後のMCで、わたしがいたステージ下手の声援がいいっ!と褒めてくれたのです。わたしよりも壁側にいたおねえさんたちが、それはもう熱く応援していたので、きっとうれしかったことでしょう・・・。


 歌はすばらしいし、MCがこれまたおもしろい! おなじみ(だそうです)の通訳さんを舞台に迎え、とにかくしゃべるしゃべる。。。お客さんに語りかける姿はちょっとSLTの佐藤竹善さんと重なりました。 

 MCの一部・・・「これまで、わたしは、みなさんにいくつかの韓国語を教えてきました。。 チャルセンギョッソヨ(←イケメンってことね)、・・・・・、今日は”音楽を一生懸命がんばっている人”という意味の韓国語を教えます。。。」


 꽃미남이에요(コンミナミエヨ)・・・コンミナムとはご存知「花美男」。まったく意味がちがいます(爆)。


 とにかく、初めてのお客さん、常連さんの両方に気を遣っているのですが、そうしながらも、確実に本人が楽しんでいるんですねー。舞台進行に余裕があるので、観客もゆったりくつろいだ気持ちになれます。。 (こういった点では、チョ ソンモは、かなり近いところにいるような・・・。あ、ちょっとエラそうですね、すみません)


 スンフン氏のコンサートでは恒例(だそうです。日本でも韓国でも聞くそうです)の、観客年齢アンケート。 今日は6歳?の子が最年少。。 10代、20代もポツポツいましたねー。 同行した友達2人は昨年末にソウルコンサートにも行っているのですが、ソウルではほとんどが30代だったそうです。


 正直なところ、シン スンフンのCDはあまり熱心に聴いたことがないのですが、この方は確実にLIVEの方ですねー。この歌声はすばらしい。。知らない歌ばかりなのに自然に涙が出てきて・・・。ぜひとも後世に残してくださいよっ!(軽いプレッシャー^^)

 わたしがいちばんよかったのは、16年前?に作ったけど、まったくヒットしなかったという曲。ヒットするのと、いい曲、というのは違うものだなあ・・・と思わされました。。 いや、めっちゃよかったですよ、コレ。


 そしてそして。知らされていなかったダンスタイム。。。スクリーンではキャラクターが登場し、ステージにもダンサーさんが現れ、振り付けを教えます。 これまた簡単ではあるけど、ちょっと難しいという絶妙のレベル。 おとなりさんとも少しからむので、雰囲気もなごんでよかったです。
 ダンスソング?を5曲メドレーでみんなで踊って汗をかいたあとスクリーンが下りてきて、みなさんお手洗いに立ちます。。。 アンコールまでそんなに時間があるのかしらん・・・と思っていたらこれでようやく一部が終わったんだとか。。。びっくらです。


 スクリーンには、楽しんでますか?というメッセージ、ジウ姫の恋人?イ ジヌクも出演したMVでは自虐ネタも・・・、そして「無条件」のリズムに合わせて踊るかわいい甥っ子さんの動画が流れたあと・・・

<以下、要約です。ご了承ください>

 あなたは犬が好きですか?猫が好きですか?と。 飼い主に対して、犬は「遊んでくれて、えさをくれて、かわいがってくれる。だから、この人は神さまに違いない」と思うらしい。反対に猫は「遊んでくれて、えさをくれて、かわいがってくれる。だから、自分は神さまに違いない」と。


 今まで、自分は猫のような考えだったかもしれない。「お客さんがCDを買ってくれて、コンサートに来てくれて、応援してくれる。だから自分は特別な存在なんだ」と。
 でも、今は違う。僕のことを応援してくれるみなさん、本当に特別な存在だと思う。これからは、犬のような気持ちで、歌って行きたいと思います。ワン*^^*


 休憩中も、お客さんを楽しませるこの気遣い。勝手に作られたVTRでなく、本人自らのメッセージ。この舞台づくりは、音楽経験だけでなく、人生経験も大きく影響しているんだろうなあ、と思いました。ああ、これはファンの心を捉えて離さないだろうなあと。。 韓国で長く活動できている理由が少し理解できたような気がしました。


 2部では、洋楽の弾き語りを少し交えながら、それはもうたくさんの歌を歌ってくれました。 最後は、彼がカバーしたオフコースの「さよなら」だったんですけど、観客に歌ってほしいとき、スタンドマイクを舞台側に向けるんですね。 これはわかりやすい! ときどき、歌っていいのかな?と気になるときがあるんですけど、これだと心置きなく大声を出せます^^


 アンコールは、待ってました「クチュロ オレットンアン」。去年のMKMFのとき、丸ビルにいたsgと中継で歌った歌でした。 ラストは、日本のドラマ「Good Luck」のテーマが流れて、すべてのパフォーマーさんといっしょに挨拶。。そうよ、これ、これ!仲間をねぎらうこの気持ちがあるからこそ、あの演奏ができるのではないかと・・・。 今日はツアーラストだったためか、みなさんデジカメで客席の様子を撮影しています。。この画像はきっと自分たちのcyにUPするんでしょう。。。(笑)


 実は、最初のアコースティック曲の間は、直前にみたグァンスの美しい顔がちらついていたのですが(笑)、アンコールまでの間、ついに「オッパー!!!」と叫んでました(爆)。 そう、一度言ってみたかったんですもん。そして、正真正銘の「オッパ」ですから。。


 正直、わたしは、アンコールなくても大満足、そんなコンサートでした。言いたくないですけど、8500円分、いやもっと大切なものを感じて帰ってきました。。 同行した友達と軽く毒づきながら、でもふと、sgジノくんの顔が思い浮かびました。。 そのほか、何人かのすきな人たちも。。。 何だかんだ言いながらも、やはり思わずにはいられないのでした・・・。 この夜は、いろいろな思いが交錯して、夜明けまで眠れませんでした・・・。


 コンサート、すごくよかったです。次回もまた誘ってくださいねっ!!!


 <余談>
 とあるBBSで、本当に同じ思いのことを書き込みなさっている方がいたので、わたしも思わず書き込んでしまいました。。 はは、BBSデビューです^^
コメント
さすが…

パルちゃんは幅が広いねぇ

超新星のレポも読ませて貰ったけど

FTメンバーの名前と顔を覚えたのを最後に

覚えることを放棄してしまったから

いやぁ

すっかりコンサートに参加した気分です

ありがとうございます

シンスンフンがいなければ

こんなにKPOPにのめり込まなかったはず

I believeを聴いて

どんな人が歌ってるんやろと興味津々

忘れもしない

めざましにコンサートの告知に出んよ

でかいバラ柄のツルツルのシャツを着てました

なんじゃこりゃと驚きましたが

その後

哀心歌を聴いて

言葉もわからないのに…涙がボロボロ

意味をしりたいとハングルの道に入ったしだいです

でも思想的な歌詞だから簡単に訳せませんが

チョソンモも大好きです

いずれもCDとテレビだけですが…

また素敵なレポ楽しみにしてます
【2009/05/11 02:18】 | SΘRA #79D/WHSg | [edit]
行かなかった事、後悔してましたが、pul-changの日記で行った気分を味わえましたよ。

ありがとうー



コンサートは歌っている本人、裏方さん、そして観客も一緒に作るものですよね。

この3つが本当にうまく調和した、素敵なコンサートだったようですね。。

その空間にいられる幸せ、やっぱり味わいたかったー



「オッパー」って私も叫んでみたいなー

そんなライブって、もうトロットくらいしかないかも。

あ・・・イスンチョルも大丈夫かな??



オッパー、ヌナ・・・日本にはない、何とも不思議な感覚をもたらす言葉が韓国にはありますね。
【2009/05/11 13:33】 | パンチポンチ #79D/WHSg | [edit]
♪SΘRAさま♪

おひさしぶりです!!



SΘRAさんのK-popはスンフン氏からだったのですね^^

なるほど・・・思想的な歌詞なんですね。。

そして、でかいバラ柄のツルツルのシャツ・・・何か目に浮かびますわ(爆)。

チョ ソンモいいですし、SΘRAさんもコンサートに行かれる日がくるといいなあ~。



そうそう!FTを覚えてるってすごいですよっ!!!

超新星はすぐく覚えたんですけど、FTは未だ自信ありません(汗)。
【2009/05/11 22:50】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
♪パンチポンチさま♪

いやあ、これは行くべきでしたよ~(とプレッシャーをかける^^)



何ていうのかしらね、楽しいとかカッコいいとか通り越したあの満たされた気持ち・・・

1年前の竹善さんのコンサートの後の気持ちと似ているようです。



「オッパ!!」と叫んだとき、ウリオンニ2人は私をジロリと見たのですが(想像つくでしょ?)、

間違ってないもんっ!と鼻息荒く言い返しました^^;;はは。

いやあ、ステキでしたよ。人間的にもできた人だと感じましたわ。



次回は、一緒に連れて行ってもらいましょ。
【2009/05/11 22:57】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/209-59ca2f6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。