スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

あたらしい旅立ち・・・sg WANNA BE+6集発売記念全国ツアー ソウル公演<その1>

2009.06.30(00:02)

 今年2月、電撃的に(わたしにとっては)事務所を移籍したsg WANNA BE+。 3月には日本でのアルバム発売も決まっていただけに、スムーズな移籍についてはうれしく思いつつも、何だか疑心暗鬼な思いもありました。 いろいろ傷ついているファンの心を思ってくだされ・・・。



 そんななか、4月に新しいアルバム(6集)が発売され、ソウルコンサートについては日本FCからもツアーが出ることになり・・・。アルバムの評判もよかっただけに(わたし自身もすっごく気に入っています)、すごく期待していたのですが、コンサート日程・会場が5月末になってもはっきりとせず、ちょっとテンションがさがっておりました。。。





 でも、でも・・・。やはりこの3人やってくれました!!! 1回だけみても満足させてくれるコンサートでした!!! ああ、待っていました、この瞬間。。





 6月初め(だったっけな)、ようやく決定したソウル公演は、6月25・26日。ああ、神様仏様イナオ・・・じゃなくって(笑)・・・sgさま・・・。わたくし26日休みです~~~(涙)。
 しかも公演開始時間20:00~。ゆっくり出発できるではないですかあ~~~。前月17日ごろには翌月の勤務表ができあがってしまっているので、当月の発表では、コンサート日程によっては行けなかったかもしれないのです。ええ、この日程は、神様仏様sgさまからの贈り物かと。。(爆)

 そして、海外公演でいちばんの関門はコンサートチケットの入手。今回は、ソウルに留学中の知人がチケットをGETしてくれました。。発売当日に走ってくださったおかげで、1階席ほぼ中央でした~~~。ありえない・・・。ありがとうございます、大感謝です。そして、ああ、来年も韓国にいていただきたい(笑)。


 会場は、ソウル光化門にある世宗文化会館。ドラマ「夏の香り」や「オンエアー」のロケ地でもあったところ、この会場で公演をすることは、ものすごい栄誉なんだそうで。


 会場周辺でペンライトを買い、19:20に会場前で待ち合わせていたところ、その前に電話で話してた馴染みの友達に遭遇・・・。
 こちらのブログにもたびたび来てくださり、それ以外でもしょっちゅう会っている方々なんですが会場に来る前にそれはそれはスペシャルな出来事に遭遇しており興奮状態でした。。。

 興味のある方は、反転してお読みくださいませ・・・。
 何と、食事してたお店に、ヨンジュンとジノも食事に来ていたのです、なんたる偶然! どうやら、あの子もいたらしいんですが・・・(笑)

 この会場・・・すばらしすぎました。。  去年訪れた水原の会場(「京畿道文化の殿堂」だったかしら)以外は、展示場みたいなところにプラスチックのイスがならんだところばかりだったのですが、こちらは、パイプオルガンがあり、座席はふかふかのイスで、背にはモニターがありました。 そう、飛行機の座席のように・・・。 案内の方もきちんとしてらっしゃるし、ここでのコンサートは、それはそれは「栄誉」なことなんだだろうなあと思いました。。。

 20:02、オーケストラピットの部分に、ホーンセクションっていうのかしら、Tp. Tb. A.Sax、T.sax、(ホルンもあったかも・・・?)コントラバス、E.guitar、ピアノ、ボーカルのバンドが登場。
 濃い赤色のスクリーンを背にして、ジャズのライブハウスのような光景で、まず演奏されたのは「運命に逆らって」。ドラマ「エデンの東」の歌、わたしはsgっぽくてすきな曲ですし、何よりファンでない人にとって、聴いたことがある曲が流れるってうれしくなるでしょうから。 

 2曲目は「コジンマルマ」。6集の最後に収録されている、あかるくってとってもなじみやすい曲、初めて一緒に組んだ作曲家さんだそうですが(ソクンのspecial thanksより)、またぜひ作ってほしいなあ~。
 途中、ボーカル→Tp.(もしかしたらTp.でなくってコルネットかも)→A.sax→S.sax指揮者がソプラノサックス演奏してくれました。ふふ、横にセッティングしてあったものね)→E.guitar→T.saxの順で(たぶん)solo演奏がありました。。 Tp.の方うまかったです。わたしの好きな音でした~~~。(相当へたっぴーですが、社会人になってからも吹奏楽でTp.担当してました)

 このバンドと一緒にコンサートするのかな~なんて、すっかりうれしくなっていたのですが、2曲終わって演奏者は去っていき・・・そして、オケピごと下に隠れました。あれま(笑)。でもね、こういうことがやりたかったんだなあって、そんなアイデアを胸にひめていたんだなあって、彼らの思いを感じてうれしくなりました。。


 コンサート幕開けは6集の活動曲「サランヘ」。実は、最初に聴いたとき???と感じたのですが(ジノくんもちょっと心配だったみたいです)、噛めば噛むほど・・・でしょうか(笑)、やっぱりいい曲です。 ジノくんすでにノリノリで客席に向かって‘ソリ ジョ~!’(声ちょうだーい!)と叫んでます^^


 2曲目「ネサラン ウルボ」のあと最初の挨拶。。。 やはり、今回からジノが中央ポジション、ソクンが向かって右手です。

 スクリーンが下りて、3人が演技する映像が・・・。仕事が終わり、バンに乗って帰る3人の映像、明らかにぎこちない空気の中、ジノが聞き始めたMP3の曲は「サルダガ」。


 いやまあ、この「サルダガ」よかったです。。 ちょうど1年前にソウルで聴いたときから考えると・・・。むずかしい曲だよね、しかも客は泣こうと待ち構えている曲だもんね、うん、3人とも本当によくがんばったね。。。

 サルダガのあと、再び映像・・・。‘ヒョン、1杯やろう’とジノがヨンジュンとソクンを誘い・・・その席でソクンとジノがはげしく言い争います。。。

 いや、これが意外にも自然なんです。。 僕は歌しかできない!というジノくんですが、なかなかうまい。そして、ソクンの自然さったら。。。 しゃべる声がちょっと低めでハスキーな感じでセクシーなんですって ここで初めてソクンを見た人はフォーリンラブ間違いなしでしょう~。

 言い争う2人のやりとりを黙ってみていたヨンジュンでしたが。。。‘お前らもうやめろ!’と割って入りますそう、めっちゃカッコいいシーンなんですが、会場からはなぜか笑い声・・・。その後もヨンジュンがしゃべるたびに笑いが起こります。。。真剣なシーンなんですが・・・(笑)。ヨンジュンちょっとかわいそうでした^^


 *これは想像ですが・・・ぎこちないながらも、それなりに演技をこなしていた(ように見える)ソクンとジノの間に、ちょっと舌ったらずなヨンジュンが割って入り、しかもカッコいい役をやっていることがおかしかったのではないかと・・・。


 映像があけて4曲目は「愛して本当によかった」。曲のあと自然に起こった拍手が印象的でした。。そして「Stay」。 ‘さあ!みんな立って~’の声とともにわたしたちもスタンディング!! ジノは上着を脱ぎました^^ ひゅー!

 ここからsoloコーナー、まずはヨンジュンのエピソード。

 俳優を目指し?演技のオーディションを受けているヨンジュン(・・・ここでも笑いが起こりました・・・)審査員は演技には首をひねりますが、歌ったときにはなかなかの反応。。。
 会場をあとにしたヨンジュンに電話・・・かけたのはお父さんでした・・・。ここでヨンジュンの実のお父さま登場(髪が増えていたのですが、どうやらヨンジュンがカバクをプレゼントしたとの話)、息子との確執に涙を流すシーンまで。いやあ、お父さま、俳優業されてはいかがでしょう???自然でしたよ^^

 そしてヨンジュンが歌ったのは、イ スンチョルの「クロン サラム ト オプソ」。 映画「悲しみよりもっと悲しい話(?)」に使われた曲ということですが、先日なくなった大統領の追悼歌として捉えられ、よく流れた曲なんだそうです。
 スクリーンに映されたヨンジュンからお父さまへのメッセージ‘家族という縁で出会い いつもそばにいてくれたあなた 感謝しています そして 愛しています’に涙涙でした。。


 そして次はジノ。高校生でたくさんのオーディションを受けていたころの再現。。心配かけまいとお母さまに‘うまくいったよ’と報告するジノですが、‘これでうちのジノも歌手になれるのね^^’とよろこぶ母の姿に胸を痛めます。。。

 ジノsoloは、ミュージカル「ジキルとハイド」から「This is the moment」(韓国語版です)聴いているときははっきりわからなかったのですが、市村正親さんや山口祐一郎さんとかミュージカル俳優さんの顔が思い浮かび、帰国後早速検索したらこの曲でした(市村さんや山口さんが歌っているかどうかは不明)。ああ、ジノくーん!あなたもミュージカルやってぇ~~~!!かならず観にいくわっ!!!


 最後はソクン。○クシィのソクンコミュでテグ公演の動画を見てsolo曲を知っていたので、とっても楽しみでした。曲はキム ドンニュルさんの「The concert」。

 タキシード姿のソクンが中央で歌っていたら、そのセットがせり上がっていき・・・スクリーンがおりたら、そこにはたくさんのストリングスが!!!
 セットが不安定でがくがく揺れていて心配になりましたが、マイクを持ち替え、手を広げ、堂々と歌っていました(ちょっと怖がっていた瞬間もありましたケド)。

 スケールも大きいし、転調もあって音域も広い曲だと思うんですが、彼にあっていてとってもよかったです。 ソクンは選曲がうまいですよねぇ・・・ああ、うっとり。。。

 <その2へつづく・・・>
コメント
毎回本当に詳しく丁寧なレポに感心してしまいます。

そしてありがとうございます。嬉しいです。

今回諸々の事情で参加出来ず、「よかったよ」と言う

報告を聞きますと自己嫌悪に陥っています。

でもこんな風に詳しくレポしてくださってあり難いです。



じっくり何回も読ませていただきます。

ありがとうございました
【2009/06/30 14:31】 | レイレイ #79D/WHSg | [edit]
♪レイレイさま♪

こんなレポで喜んでいただけるなんて・・・私もとってもうれしいです!!



自己嫌悪だなんて・・・。そんな落ち込まないでください><

行きたくても行けないときってありますものね。

(わたしも、今回はかなり危なかったです・・・。)

またきっとレイレイさんにもチャンスがあることと信じてます!



3人、本当に成長していました。

あたらしい旅立ち、不安もありましたが、信じていてよかったと思います。
【2009/06/30 23:52】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/212-cb321330
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。