スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

奴奴奴・・・といっても豆腐ではなく。。。映画『グッド・バッド・ウィアード』

2009.09.01(00:18)

 いやまあ、久々の映画鑑賞記です。5月に『アンティーク』を観て以来の映画鑑賞、しかもこれはレポしてませんので、本当に久々です。。。



 (『アンティーク』は、有楽町シネカノン1で観たのですが・・・受付となりの韓国料理屋(カフェ?)さんで時間つぶし&遅めのランチをしているとき、なんと超新星の「Romance」が流れたんですよぉ~。。。とってもうれしかったのでメモしました。。5月16日(土)15:43でした~)





 こんな感じで、最近あまり映画を観れてないのですが・・・今回は頑張って公開初日に観て来ました。昨年、韓国で大ヒットしたという、原題「좋은 놈, 나쁜 놈, 이상한 놈」(良い奴、悪い奴、変な奴)、略称「奴・奴・奴(놈・놈・놈)」です。



 この作品、めっちゃおもしろかったです~~~!!!





 こちらは、キムチウエスタン、とかプルコギウエスタンとも言われている西部劇、ウエスタン映画なんですね。(かつて、イタリアで作られたウエスタン映画はマカロニウエスタンとかいわれたそうです。で、韓国作品のため、キムチとかプルコギとかが頭についていると。。)

 2年前、『スキヤキウエスタン ジャンゴ』のレポのときにも偶然話題にしていたのですが (過去ログはこちら)、この映画の英題『The GOOD The BAD The WEIRD』は、『続・夕日のガンマン』の原題『The GOOD The BAD The UGLY』をもじったもので、まあ、いうなれば海外を意識したというか、視野にいれて作られた作品、主演3人は、ソンガンホ、イ ビョンホン、チョン ウソンという韓国トップスター☆がそろったことで、2年前の撮影中から話題になっていました。

 昨年、韓国で公開され、大ヒットしたというのは聞いていましたが、そもそも大モノがそろったからと言って作品がおもしろいかっていったらそうではないのも多いし、‘大ヒット作’‘全米1位’とか映画の頭につくキャッチコピーもまったく気にしていないし(TVCMで試写会に行った人にインタビューしている作品もあんまりおもしろいのに当たったことがないので、いまではほとんど観に行きません・・・)。。。 この作品も実はほとんど期待してなかったのですが・・・。これは、思いがけずおもしろかったです^^



 ストーリーは・・・

 「日本統治下時代の満州。日本軍が残したというナゾの「地図」を手に入れようとさまざまな人たちが大陸をかけめぐる・・・。さて、この勝者は誰?そしてこれは何の地図なのか?」

 以上!


 この2行です。ネタバレにならないようにしたわけではなく、これだけなんです。ハイ。。。この地図をめぐってライバル関係であるのが、しぶとく生き抜く強盗犯=変な奴、ユン テグ(ソン ガンホ)、ギャングのボス=悪い奴、パク チャンイ(イ ビョンホン)、銃の名手=良い奴、パク トウォン (チョン ウソン)。


 ビョンホンは、カラコンにすっごいアイラインという見た目&プライドの高さ&残虐さですごいカリスマだったし、チョンウソンは、鍛えていたときなのか(爆)、頬がそれなりに削れていて、アクションはステキで、なんたって彼の魅力であるあのフェロモン健在で、うっとり~だったのですが・・・。


 でも、でも、この映画の主役はやはりソン ガンホですねえっ!!! ひとり飛びぬけてました。彼がいなければ、ここまでにはなってなかったのではないかと思います。この作品は、彼によって引っ張られていたのではないかと想像します・・・ストーリーに関しても、そして、きっと撮影中も。 やっぱり、お仕事ってこつこつ続けることが大切ですねえ。ああ、わたしもがんばらなくては。。。


 まあ、映画の内容は何だかよくわからないんですが・・・とにかく退屈することがない! とりあえず何か笑える!! そしてお尻痛くならないっ!!!


 カンヌ映画祭に出品するにあたって、韓国公開版とはラストを変えたという話もあり、そちらも気になってます・・・。ラストは、かなり複線もたせてますから・・・これは観客の想像にまかせるってとこなんですかねえ、これが映画の良さですよねえ。。 映画ファンとしては、いろんな想像ができてうれしい終わり方です^^


 いちおう、映画ではチャンイが死んだことになっていましたが、実は死んだのはトウォンの可能性もありますよね。わたしの勝手な想像では、3人とも生きていて、そしてまたどこかで戦うだろうな・・・と。製作陣は第2弾なんてのも視野にいれているんではないかと・・・。ククク。。。


 土曜日の仕事帰り、レイトショーで観て来たのですが、結構お客さんいましたよ^^ 女性ばかりでなく、男性が多かったのが印象的でした。。。


 オヤジっぽいのですが・・・仕事帰りで翌日休みのときって、生ビール飲みながら観るのが楽しみなんですよねえ・・・ただ、やっぱりちょっと恥ずかしいのです、ビールを買うときも、入場するときも。

 ですから、予告が始まるころに買い、暗くなってから入場するのですが、知り合いに見つかってました・・・韓国語センターの先生に。。。ああ、悪いこと(ではないけど)、できませんねえ(汗)。

 先生(もちろん韓国人)は、昨年韓国でもこの映画を観たので2回目だったそうなんですが、やはり韓国では会場はもっともっと大ウケだったそうです。あの日本語訳では通じなかったギャグも多いわあ~と残念そうでした。。。ギャグとかは母国で通じる‘あうん’というか‘ツーカー’というか、そういうのありますもんね。。。その辺は仕方がないのかもしれませんね・・・じゃなくってもっと勉強しなさいってば><


 とはいえ、気楽に観られる映画です。何も考えずに笑いたい!という方はぜひぜひおすすめです!!!




<おまけ>
 ウィキペディアの「グッド・バッド・ウィアード」にストーリーがもう少し詳しく書かれてましたので、引用させてもらいます。

~~~大日本帝国が朝鮮を統治する激動の時代、満州鉄道の列車を襲って見つけた地図を独占するため、それぞれの信念で生き抜いている朝鮮の風雲児、3人の男達が運命のように出くわした。
金の為なら誰でも殺る懸賞金狩人(マネーハンター、賞金稼ぎ)のパク・トウォン、人の上に立たなければ気が済まないプライド高き馬賊団の首領パク・チャンイ、踏みにじられても反発する雑草のような生命力を持った列車強盗犯のユン・テグ、彼らは互いの正体を知らぬまま地図を追い求め大陸を駆け回る。さらに、地図の正体の推測が交錯する中、大日本帝国陸軍と、大日本帝国軍による大陸横断列車の建設予定地だとして追う朝鮮独立軍や、馬賊団まで地図を手中に収めようと大混戦になる。果たして最後の勝者は誰になるのか。~~~

コメント
ご紹介ありがとう。

とっても気になってる映画でした。

見に行こうかな?時間あるかな?
【2009/09/01 01:28】 | ジュンコ #79D/WHSg | [edit]
♪ジュンコさま♪

振り返ってみるとワケがわからないんですけど…

でも、すごくおもしろかったですよ!

音楽の使い方、音の大きさも絶妙で、

ぐいぐい引き込まれました

(どこかで聞いたことある感じの音楽なんですけど)

疲れているけど頑張りたいとき…

特にオススメです

(今のジュンコさんにぴったりかも)
【2009/09/01 20:38】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
チョンウソン、この間TVで見たら随分とすっきりしてましたね。

キムチ問題で叩かれてやつれたのかなぁ。

それとも痩せたのは、顔だけかなのかなぁ(爆)



映画でガハハハーって笑いたい気分なので、私も会社帰りに行ってみようかなー。

そのときは缶チューハイ、こっそり持っていこうっと♪


【2009/09/01 22:20】 | パンチポンチ #79D/WHSg | [edit]
♪パンチポンチさま♪

ふふ、長~いトレンチコートをなびかせて、

銃をガンガン撃つトウォンの姿に

きっとどきっとするでしょう

物語の中身~とかこの映画が言いたいことは~とか、

深いことは求めず、

ただ楽しんでみてください
【2009/09/02 07:48】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
この作品、昨年秋に渡韓した際、機内VODサービスで

往復の時間を使って、見ましたよ!



英語字幕だったので、なんとなくの視聴でしたが、



1.ウソンはやっぱりかっこいい

2.すげーモムチャンだな ビョンホン 悪ぶりがいいね

3.ガンホ、さすが存在感ピカイチだな



と思いましたよ

水曜日のレディースデーでまたしっかり観に行こうかな
【2009/09/04 12:36】 | かわくわ #79D/WHSg | [edit]
♪かわくわさま♪

わあ!かわくわさん、お久しぶりです。

コメントありがとうございます

一足先に観られてたのですね!

ハイ。まさにおっしゃる通りで

ソン ガンホのさり気ないのに一発で空気かわる視線に

他の2人とは違う確実なオーラを感じました。

劇場でもぜひ!

オープニング列車のシーンはスクリーンで観てみてください ませ
【2009/09/04 21:10】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/217-6aff7e52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。