スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ユニバーサルの先輩です。SALT & SUGAR「‘13年ぶりて’、あなた」ツアー091022

2009.11.01(00:10)

 今年に入って9月まで「結果的に」確実に毎月必ず何らかのライブに出向いてました。 でまた「結果的に」10月も途切れることなく・・・。



 10月22日、Bunkamura オーチャードホール、シングライクトーキングの佐藤竹善(さとうちくぜん)さんと、ピアニストの塩谷哲(しおのやさとる)さんのユニット「SALT & SUGAR」のコンサートに行って来ました。



 竹善さんのコンサートは、2008年4月に行って(このblogにも書きました)、1年後の2009年4月、塩谷さんのピアノソロコンサートに行ってきました。

ピアノ音楽ってCDでも十分だと思っていたのですが・・・弾いている姿を観て、さらに情熱を感じるという感じでしょうか。。。でまたこの方、ちょっとステキなんですよ(笑)。sgソクンっぽいっていうか・・・姿かたちではなく、かもし出す空気が似てる気がします。



 SALT & SUGARという名前は、塩谷さんの‘しお=SALT’&佐藤竹善さんの‘さとう=SUGAR’。そのまんま、ベタなんですけど、塩と砂糖の絶妙の音楽的調合・・・と深読みもできます。。。

 卓越したピアニスト&ボーカルのふたりっきりのライブ、しかも、オーチャードホールっていったら!!!胸が高まります。。



 そして、このユニット、実はユニバーサルなんです、うふ。



 開演5分前に到着した会場ロビーには、クラシックコンサートのように開演時間と休憩時間、そして終演時間の案内がでてたんですけど・・・
 19:00開演、終演は・・・なんと22:00!!!

*******************************************************
ネタバレです。。11月1日までツアー中のため、これから参加なさる方はご注意くださいませ・・・。


 上手から竹善さん、下手から塩谷さんが登場し、1曲目は<Average White Band 「Pick up the pieces」> あれ、これどうやって2人で演奏したんだっけ??? サックスパートを竹善さんが歌ったのは覚えてるんですけど。。。 

 「Pick up the pieces」のあと、2曲終わってMC。このMCがね、また最高なんです。

 SALT & SUGARではライブをしていたけど(5月のCross your fingers とクリスマスのSALTISH NIGHTのことかと)、ライブツアーは13年ぶり。

 クラシック、ジャズを中心に聴いて育ち、作曲を学び、ピアニストとして活動していたソルトさん。「12歳まで演歌以外は聴いたことがなかった」という竹善さん。バックグラウンドがまったく違う2人があわさるとこんな世界が生まれるよ、という舞台だと。


 * いつものごとく・・・あいまいな記憶をたどって書きおこしています。。 だいたいこんな感じ・・・ということでお受け取りくださいませ。。


竹善: 今日は渋谷、オーチャードホールってことで、何だかおしゃれな感じがしますねー。ちょっとおしゃれしてきたって人??? 手はあげないか。。。

ソルト: 恥ずかしいから手はあげないでしょー。

竹善: ちなみに僕はちょっとおしゃれしてきましたよ。先週の熊本(10月15日)から、2kgやせました。

ソルト: ホントにやせましたねー。この位置って竹善さん(の体型)が見えて、特に腹回りがよくみえるんですよ。いつもは‘また太ったなー’と思うんですけど、今日はほっそりしてます^^

竹善: あなた、今日はよくしゃべるわね。


会場笑い。。。


竹善: 13年ぶりのツアーということで今回のコンサート長いです!(会場から拍手) ああ、ここでMCだなーとか思ったらトイレにいっていただいてかまわないですよ。でも、ごそっといなくなるとさみしいですから、見計らってね。

竹善: まあ、長いですから、すきにみてくださいね。この間は、きれいな女の人が、この辺でクァーって寝てましたねー。まあ、うれしいんだかさみしいんだかよくわかりませんが。いびきかいたりして周りに迷惑かけなければ寝ててもいいですからね。 


 ひさしぶりの竹善節。。ああ、やっぱり楽しい!トイレになんて行くもんですかぁ(笑)。

 3曲歌ったあとのMCでは、アルバム「Interactive」の話。 以前に、お互いが作曲した作品に作詞しあう、という作業をしたことがあったけど、今回はまず詩を作って、そのあとお互いにメロディをつけてみたと。

 「ココロ スタート」は、竹善さん作詞でソルトさん作曲だったかしら。 ♪明日でもいいんだよ ♪いつでもいいんだよ~ という、とってもやさしい歌なんですけど。。。

竹善: 決してダイエット食品のタイアップにはならない曲ですねー。

 わたくし即死、大爆笑でした!!! (職業柄ね^^)  このあと、「予備校のCMもムリですねー。♪明日でもいいんだよ~って」とも話されてました。竹善さん、絶(舌)好調です。
 
 クラシックとロック、ポップスはまったく別ジャンルのようであるが、実は昔から仲がよかったという話題に・・・。 代表的なのは、平原綾香の「ジュピター」で、彼女は最近ではベートーベンのピアノソナタ「悲愴」を歌っていて。。。 (「悲愴」は、フィソンの「愛はおいしい」でも取り上げられてますねーめっちゃ明るくアレンジされてますけど^^)

 誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、めちゃくちゃ有名なポップス曲も、これまたクラシックが元になっているので、それを演奏すると。。。
 ラフマニノフのピアノコンチェルト・・・これをソルトさんの即興アレンジ!・・・のあとに流れた超有名ポップス曲とは・・ <エリック・カルメン「All by myself」> 竹善さんの歌声すばらしすぎ!


 観客参加で <「Banana Boat」>を歌うことに。。ソルトさんの伴奏と竹善さんの歌にあわせて、観客は♪デライカンマンミワンゴーホーをひたすら歌いました・・・。  (おそらくA daylight comes and we wanna go home~ではないか?奴隷たちの言葉はなまっていてこんなふうに聞こえたのでは?と竹善さんの解説)
 うーん、こういうのすきだな~。超新星では「アンニョン」のサビのフリをやったし、B’zでは手拍子を練習したことがあったっけ。


 今回のコンサートで、圧巻だったのは <「Spain (I can recall) 」> この歌と情熱的なピアノ演奏を見て感じるために来たんだ~って思いました。 間にはスピッツの「チェリー」、陽水さんの「少年時代」というゆったりした曲もはいり・・・あっという間に3時間。。。

 本編最後の曲に入るとき、ピアノ伴奏にあわせて、歌詞の解説が入りましたあ!ビリー・ジョエル 「Piano man」!!! <「Piano man」・・・対訳つきです>
 ああ、こんな歌詞だったんだなあと思いながら・・・イントロのハーモニカ(竹善さん演奏)を聴いた瞬間、思わず涙が出てきました。 最近、このおじいさんの気持ちがちょこっと理解できるような感じがしていたので、かなりタイムリーだったと思います。 やっぱり来てよかった。。。

 アンコールでは、来る12月23日の「SALTISH NIGHT」のお知らせが入りました(笑)。今年は、渡辺美里さん(なんと、美里さんとソルトさん、小学校の同級生だそうです。ビックリ)も出ますし、三味線奏者上妻宏光さんとソルトさんのユニット‘あがしお’を生で「聴いて」「観たい」し、竹善さんは、ナット・キングコールの<「The Christmas Song」>を歌ってくれそうだし・・・。行きたいなあ。 でも、ちょうど前後、22日と24日に若い彼たちが待ってるのよね。。。(涙)

 *ちなみに、このナット・キングコールの「The Christmas Song」は、韓国ドラマ<>「私の名前はキム サムスン」第1話>の初っ端に使われています。。 クリスマス、浮気している彼を追っていくシーンでさりげなく流れてます^^


 オーラスは、「川の流れのように」。休みの日は朝から「岸壁の母」を聴いて育った竹善さん、今の音楽からは想像できないのですが・・・。でもこの曲を聴いて、なんとなくちょっとわかる感じがしました。


 時間がたっぷりっていうのもありましたけど、期待通り?期待以上のとにかく満足感のある充実したコンサートでした。

 いま、山野楽器の冊子でSALT & SUGARが連載してるんですけど、そのタイトルが「まずは還暦まで」。 いま応援している若い彼たち(笑)も、ずっとずっと音楽と向き合ってほしいなあと思いました。。。

 *終演後、貼り出されていたセットリストです~。

コメント
こんにちは^^ 初めてコメさせていただきます。



今は超新星一色の私ですが昔はエレクトーンをやっていて、娘もずっとやっていたので、塩谷さんのことは知っているんですけど・・・

オルケスタデラルスでしたっけ? そのグループのキーボード奏者としての認識しかありませんでした^^;



このユニットでの活動も長いのですね~



1度聴いてみたいです。



最近では超新星が出るコンサートに行くのも大変な感じになって来ていますが

余裕ができたら、いろんなコンサートに行ってみたいですね。
【2009/11/01 10:45】 | ゴンタ #79D/WHSg | [edit]
巻物のようなセットリストですね(笑)

二人の絶妙なセッションとトーク、目に、耳に浮かびます。



北から南までのホントに全国ツアーだったんですね。

あぁ、次のツアーが13年後にならないように。。。

その時は必ずや行きますよー!!



そして、横レスといいますか・・・。

ゴンタさん!私もエレクトーンっ子なんです。

塩谷さんはエレクトーンやってる人なら結構知ってますよね。

彼の「海溝」は必死に練習した覚えがありますー。


【2009/11/01 21:03】 | パンチポンチ #79D/WHSg | [edit]
♪ゴンタさま♪

わあ!ゴンタさん!!!コメントありがとうございますo(^^)o すごくうれしいです^^

ゴンタさんとお嬢さま、エレクトーンされていたのですね♪

そうです!塩谷さんはオルケスタデラルスの塩谷さんです^^

やはりエレクトーン業界では有名なのでしょうか(笑)。

というのも、↑にコメントしてくれている、

わたしとずっと仲良くしてくださっている友達(sgヨンジュンfan)。

今でもエレクトーンを続けているんですけど、塩谷さんの話をしたところ、「知ってるよ~」なんて話になって。

ソルトさんは、技術がすごいのももちろんなんですけど、

こころがやわらかいのでしょうか、どんなジャンルにも好意的というか、肯定的に捉えられている印象があって、大好きなアーティストです。

ソルトさんとか竹善さんのライブに行くたび、

sgや超新星も、ステージをこなすのではなく音楽を楽しんでほしい・・・という思いが強くなります。

そこでいうと、いつだったかミルキーでのソンモのメッセージ(おんがくはいいですね・・・云々)は、涙が出るほどうれしいものでした。

23日のSALTISH NIGHT、すごく行きたいんですけど・・・。

☆も待っているし(笑)。めっちゃ迷っています。

いつか、ぜひご一緒してくださいね^^
【2009/11/01 21:36】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
♪パンチポンチさま♪

やっぱりねー、いいですよ。本当に。

「ステージの人が楽しんでいるのが観客にとっての最大の歓び」というのを実感できるライブでした。

ご一緒してもらった4月のソルトさんのピアノソロコンサート、

あのとき買ったCDではやっぱりモノ足りなくって。。。

この公演でも情熱的でしたよ。2階席でしたけど(苦笑)。



あ、13年後にはならないって竹善さんが名言されてました。

「13年後はソルトの頭がヤバいことになるから」・・・って(爆)。

「13年前も同じようなこと言われたけど、いまダイジョウブです^^」ってソルトさん言い返してましたケド^^



来月23日のSALTISH NIGHT、豪華メンバーですし、めっちゃ行きたいんですけどねー。

まあ、前後が☆ですから。。。
【2009/11/01 21:51】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
パンチポンチ さま、初めまして^^

pul-changさま、こんばんは^^



私はかなり年も行ってますから

私がエレクトーンっ子だったのは20年以上前の話で・・・

その後を引き継ぐような感じで娘がずっと習っていました。

その娘も今やいい大人になってまして、横浜のほうでヤマハの音楽講師をしています。

私は娘が習っている時に独学で同じ曲をやったみたりしていましたが

殆ど趣味の世界なんで、あまり技術の向上とかはなく

たくさんの曲を弾いて楽しむ程度になってしまいましたね。

(塩谷さんのことは、その頃知りました)



今は家にピアノしかないもので、気軽に弾けるエレクトーンが懐かしくってしかたありません。
【2009/11/02 22:22】 | ゴンタ #79D/WHSg | [edit]
♪ゴンタさま♪

パンチポンチさんでなくてスミマセン

ピアノを習いたかったのですが、

‘保育士や教師になる夢もないし別に必要ないよね~’と両親に言われ…。

それからず~っと鍵盤楽器類に憧れ続けております
【2009/11/03 12:13】 | pul-chang #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://pulchangbyakko.blog52.fc2.com/tb.php/223-8fe8a72b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。